新築一戸建て・工務店・注文住宅をお探しならマイホーム大学

工務店・新築・一戸建て・注文住宅をお探しならマイホーム大学。大切な家づくりをお手伝いできるのは注文住宅・工務店・一戸建てのマイホーム大学です。

神奈川の一戸建てならもくもくはうす

神奈川の一戸建ての「もくもくはうす」は親切丁寧な地域密着型の会社。神奈川県の一戸建て・工務店をお探しなら、信頼の「もくもくはうす」へお任せ!

愛知県の注文住宅・一戸建てなら日建建設工業(岐阜)

愛知県の注文住宅・一戸建ての「日建建設工業」は一生に一度の家づくりその夢を叶えるために全力でお手伝い。愛知県の注文住宅・一戸建てなら信頼の「日建建設工業」へ!

新築一戸建て・工務店(大阪)なら田原建設

新築一戸建て,工務店(大阪)なら心を込めて建てる家づくりの「田原建設」。大阪の新築一戸建て,工務店なら信頼の「田原建設」へご相談!

  

モンスターカレンダー

« 2009年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

正しい服装の最近のブログ記事

当日の服装

■結婚式の参列者の装いは披露宴の格式や新郎新婦との関係によって違ってきますが
一般的に


・男性はブラックスーツに白いネクタイが主流
・女性はドレスやフォーマルスーツなどが主流


なようです。

※結婚式に参列する際の服装の注意点

■男性
ブラックスーツではなくダークスーツにする場合などはビジネススーツの印象を与えないようネクタイやチーフに工夫をして仕事感のないような服装に心がけてください


■女性
鮮やかなパーティードレスなどで宴を盛り上げることはとても大切なこと・・・ですが主役の花嫁よりも派手にならない服装をして下さい美しさを控えられるのも女性の魅力のひとつです

和装の場合、ミセスの正装は留袖です。黒留袖と色留袖があり、5つ紋が入っていれば格は同じで、若いミセスなら華やかさもある色留め袖がおすすめ。未婚の場合は振袖が正装ですが、準礼装の訪問着でもよいでしょう。留め袖を着るのは主だった親族だけでよく、いとこや友人、知人なら訪問着か色無地の着物、あるいは付け下げなどを着るのがマナー。


洋装には未婚、既婚についての決まりはありませんが、昼と夜とで装いのルールが違ってきます。昼の装いの基本は、あまり肌を出さないことです。ドレッシーなものならワンピースでもツーピースでもアンサンブルでもかまいませんが、袖があり襟あきが少ないデザインを。丈は通常の丈か、ロングでもアンクル丈ぐらい、素材はシルキーで光らないもの。柄は細かいものならよいのですが、無地や地紋よりくだけた感じになります。


夜の披露宴なら、会場の雰囲気に合わせ、襟を大きくあけたり、袖のないデザイン、ロングドレスなどでよりエレガントではでに。素材もシルクやレース、ベルベットなど華やかで光沢のあるもの。アクセサリーは昼間はパールやコサージュなど光らないもの、夜は輝く宝石、メタリックなもの、ゆれるものなど華やかにします。


バッグや靴も同様で、昼は布製、スエードや表革、夜はエナメルや金銀など。ただし、ワニやとかげなど爬虫類のものは避けます。また、黒は喪の色、白は花嫁の色としていずれもそれ一色の服装は避けるのがマナーです。