信頼のリフォーム(姫路)なら大聖住宅

リフォーム・工務店(姫路)なら「大聖住宅」。リフォームで失敗しない、大切な家をお願いするなら姫路市の工務店の 「大聖住宅」へ!

父の日 プレゼント特集|各種お祝いにecologift(エコロギフト)

父の日のプレゼントなどのお祝い事にみどりの森を贈るギフト、エコロギフト(ecologift)。父の日以外にも各種内祝い・プレゼントに、贈っても、贈られても嬉しい、植樹という社会貢献を贈るギフト。

CMSならSEOブログ「成功の鉄則」

SEOブログならMovable Type(MT) テンプレートでビジネスブログ制作!CMSに最強の検索エンジン対策を実施したコンテンツマネジメントシステム・Business Blogです。

CMSならビジネスブログ制作「成功の鉄則」

CMSならMovable Type(MT) テンプレートでビジネスブログ制作のグリーンツリー!CMSに最強の検索エンジン対策を実施したコンテンツマネジメントシステム・Business Blogです。

  

モンスターカレンダー

« 2007年9月 
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007年9月 8日アーカイブ

披露宴でのマナー 

■結婚 式場には時間の余裕を持って到着するようにしましょう。 着いたらまず受付を済ませます。時間がギリギリだと、受付が混雑していたり広い会場が分からなかったりします。


受付の人は新郎新婦の知り合いが手伝っている事が多いでしょうから、「おめでとうございます」と挨拶をしてご祝儀を渡すと間違いがないと思います。受付を済ましたら、席次表を見て自分の名前のある席につきます。もし、知り合いでない人と隣りあわせなどになったら、自己紹介をしておきましょう。


無理に話す必要はないですが、少し話をしておくと結婚披露宴の間に写真を頼めたり知らなかったエピソードなんかが聞けるかもしれません。


■披露宴でのマナー(終わって席を立つまで)

普通のスケジュールの披露宴ならば新郎新婦の生い立ちなどの後に乾杯になりますね。乾杯をするまでは前にある食べ物には手は付けません。乾杯のグラスもカチンと鳴らすのではなく、目の高さに挙げるだけにします。


何かの用事やお手洗いなどで席を立つ時は、スピーチやお祝いのコメントのないときにさっと出ましょう。話をしている時に席を立つのは失礼になりますし、必ず誰かが見ているそうですよ。戻る時もタイミングを見て戻ります。係りの人が誘導してくれたらそれに従いましょう。


披露宴がお開きになったらマナーとしては、入り口に近い人から外に出ましょう。時間が限られているので、いつまでも会場の中にいるのもいけませんね。

招待状をもらったら

結婚式の招待状をもらったら出欠にかかわらず、返事はお祝いの言葉を添えて早めに出しましょう。同封の返信用はがきの表書きは「行」を「様」に書き直して。不要の文字は縦線か「寿」という字で消します。


結婚式出席の場合は、お祝いやお招きを受けたお礼の言葉を書き添えます。欠席するならお詫びの言葉を忘れずに。欠席するときは祝電でお祝いの気持ちを伝えましょう。申し込みは115で。宛名は本人にし、姓が変わる人へも旧姓で出します。祝電を披露宴会場に届けるときは、日時指定電報を利用すると確実です。


現金を贈る時、一般的な目安としては月収の5%程度。親しい人にはそれより少し多めにと考えればよいでしょう。包むお金はなるべく新札で。金包は結び切りの水引き。金額は中包に明記します。金包はふくさに包んで持参するのがマナーです。 
 

当日は結婚式会場には15分前に到着するのがマナーです。受付ではお祝いを述べ記帳をする。お祝いを持参した場合は、金包をふくさから取り出し先方に正面をむけて手渡します。開宴の時間になると、会場の係りから入場の案内があるので、入り口に近い人から順にすみやかに入場します。


入り口で出迎えている新郎新婦、媒酌人夫婦、親の前では軽く足を止め、ひと言お祝いの言葉をのべましょう。会場に入ったら、着席し、隣の人や同じテーブルの人と軽く会釈を交わします。初対面の人たちとも自己紹介をしあいすすんで会話を楽しみましょう。


食事は他の人と、ペースを合わせ、祝辞、スピーチに拍手を。食事のときはリラックスしてまわりの人ともなごやかに会話をしながら楽しくいただきましょう。退場の際は、同席の人に「ありがとうございました」と挨拶を交わし席札などは持ち帰りすみやかに出口に向かいます。


見送りの新郎新婦たちにひと言幸せを願う言葉をかけ、仲人や親にはお招きのお礼や「よい式でした」と感想を添えたあいさつをするのがマナーです。

お祝い品を贈るときのポイント

結婚祝を贈るときにまず気をつけたいポイントは、金額に合った祝儀袋とご祝儀を選ぶことです。


・金額が低い時はシンプルなものを。
・高額のお祝いには大判で厚みのある豪華な飾りのついたものを。


1・水引は金&銀もしくは紅白の結びきりのものを選ぶ
2・のしをつける
3・表書きの姓名は濃い墨で丁寧に書く
4・中包みの表に金額を、裏には郵便番号を含め住所と氏名をきちんと書く
5・新札を肖像のあるほうを表に、肖像を上にして入れる

・仲人へのお礼・・・「御礼」「寿」と表書き。両家の姓を連名で書く。
・式場へのお礼・・・(神社)・・・「御初穂料」「御礼」と表書き。両家の姓を連名で。のしは無し。
(教会)・・・白封筒に「献金」と表書き。両家の姓を連名でう。水引ものしも無し。
お寺)・・・「寿」と表書き、両家の姓を連名で。
・仲人や来賓の方への交通費・・・「お車代」と表書き。仲人へは両家の姓を連名で、主賓など列席者にはそれぞれの姓でお渡し。
・心づけ・・・着付けやヘアメイク、カメラマンや司会司会者の方などへの心づけは連名かお世話になった側の姓で書く。
・結婚祝のお返し・・・「内祝」の表書きをした品物を贈る。夫婦連名で。


結婚式場では、ちゃんとした服装で粗相のないようにしましょう。

お祝い品でのNG

結婚のお祝いを現金で贈る場合に「4」「6」「9」の数字は出来るだけ使用しない方がいいです。お祝い品でもこのようなタブーとされる品物があり贈ってはいけないのがマナーです。キーワードは「切れる」「割れる」です。まず、「切れる」ですがこれは刃物で代表される包丁やナイフ、ハサミなど。「割れる」これは鏡などです。


ただし、贈る相手が普段より親しい間柄で、希望するのであれば問題ありません。また、壊れ物(グラスや陶器)も現代では人気も高く気にすることもありません。品物もセットで贈る場合偶数は避けます。1ダース、1ペアは一組と考えますのでこちらは大丈夫です。また、4個、9個は避けたほうが無難です。


「切れる」ものでの包丁はタブーとされていますのでこのような品物をできるだけ親しい友人におまかせするのも1つのマナーです。


また、贈る時期は遅くとも結婚式の1週間位まえに。当日迄に贈り物が間に合わない場合は、その由をひと言お断りして後日贈る方がよいと思います。挙式当日の持参はかえって迷惑になりますので気をつけましょう。


インターネットのメールを利用したギフトシステムもあります。相手のメールアドレスに自分で作成したギフトカタログを送り、相手の住所が分からなくても、プレゼントギフトを贈ることができるサービスです。あなただけのカタログで贈る事ができます。